読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィルデジ! フォトテクニックデジタル

現在発売中のフォトテクニックデジタル4月号には、小林幹幸プレゼンツとして”いま、フィルデジがアツい!”と題して特集をしてもらっています。
昨今の写ルンですブームは全国の現像ショップを活気づけさせました。
そして写ルンですで育った世代が、フィルムカメラを購入しだし、インスタなどの SNSの流行と連動し、一大ブームが起こっています。
女子たちがアナログカメラを買い求め中古カメラ屋さんを歩く時代になってきました。

”フィルデジ”は僕の作った言葉です。

フィルム現像のデータ化は前々から行われていたものです。
フィルムカメラのブームも以前からあります。
そこにInstagram Tumbler などSNSなどでの利用用途が増え、僕が主催の一人でもある”私的写真集選手権”などでも、フィルムのデジタルデータ化した応募が増えてくる現象に気がつきました。

このブームを雑誌などで特集し、意識させることによって大きな話題にし、フィルム生産の保護、アナログカメラの価値の見直しが出来るのではと考えました。

みなさんも、フィルデジ、お家にあるフィルムカメラでまず、始めてみてください。

現像所で作られたデータは雑誌の印刷にももちろん、デジタルにはない味を伴って再現されています。


興味のある方は一度、フォトテクニックデジタル4月号を手にしていただけると幸いです。




f:id:motoyukiblue:20170322024915j:plain

約1年ぶり?

そこまではならないかもしれないが、ベトナムスクールガールで最後だからずっと放置していたのだなあと。
失礼いたしました。

あれから写真家集団INFINITYの写真展をhpgrpギャラリーで行ったり、原宿から目黒に引っ越ししたり、
自分にとっては大きい出来事もありました。

よく方向云々言いますが、それ以上に町の雰囲気の変化は相当なもので、若者の街、原宿の駅前から、おじいちゃんおばあちゃんが
多く住む街への移住は世の中を見る目が大きく変わりました。


外に目が向かない反面、自分に多く目を向けるようになったと思います。

相変わらず広告、雑誌と忙しくやらせていただいていますが、乃木坂46など若いタレントさんの仕事が増えたことも自分の感覚的には新しい方向づけになりました。
若い頃かつてやっていたことを時代が変わっても同じだから、、、とバカの壁を作ってしまうのではなく、新しい感性をフレッシュなタレントさんや編集、ライター、スタイリスト、メイクさんと
また新しく創造できるのはこの上ない幸せですね。

特に、僕を”ロケハンにいきましょう”と外に駆り出してくれる若い編集さんとの出会いは大きかったですね。

いつの時代にも上からではなく、下の世代とも同じ目線で世の中を見ること。
これは僕が憧れてきたオランダの写真家、エドヴァンダールエルスケンさんが日頃語ってきた言葉でもありました。
どんな立場の人もフラットな視線で観れる写真、これは今の時代にとても大切なことなのではと思ったりしました。


今年は週刊プレイボーイベトナムロケに始まるせわしない日々が始まっています。

すごく忙しいというわけではありませんが、自分を考え見つめながら撮影できている幸せな環境です。


ここでは、少し、ツイッターフェイスブックに書かない心情的なものとかまた懲りずに書いていきたいと思います。

みなさま、よろしくおねがいいたします。


写真家  小林幹幸

ベトナムスクールガール・アザーカット。オンライン写真展 motoyuki kobayashi

蓮花のころ、ベトナムスクールガールは大好評のうちに終える事ができました。
関係者の皆様、ベトナムの少女たちをあたたかく迎えてくださった皆様、ありがとうございました。

会期中にアザーカットとして、スライドショー形式で公開した写真をここで再公開したいと思います。


アオザイベトナムの伝統衣装です。
かつて白いアオザイは女子高生の制服でしたが近年、通気性や、バイク通学になり安全性が懸念されたり、
今では日本と同じような制服の高校が多くなっています。


日常の風景として、失われていくアオザイ
この写真展をきっかけに日本の人もアオザイというファッションに興味を持っていただきたい、
ベトナムをもっと知っていただきたいという思いで写真を再公開することにいたしました。

ブログ上のオンライン写真展です。
ベトナムアオザイ女性の美しさをお楽しみください。

会期中は週刊文春でも、アオザイ姿のベトナムスクールガールが特集され、ご覧になった方も多いと思います。


ベトナムと日本の友好を祈ります。

[f:id:motoyukiblue:20160414042901j:plainf:id:motoyukiblue:20160414042924j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043925j:plainf:id:motoyukiblue:20160414044340j:plainf:id:motoyukiblue:20160414044349j:plainf:id:motoyukiblue:20160414044359j:plainf:id:motoyukiblue:20160414044414j:plainf:id:motoyukiblue:20160414044426j:plainf:id:motoyukiblue:20160414044432j:plain]f:id:motoyukiblue:20160414042943j:plainf:id:motoyukiblue:20160414042957j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043033j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043104j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043113j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043200j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043211j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043252j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043300j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043306j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043313j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043338j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043444j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043451j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043457j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043503j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043509j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043515j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043520j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043524j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043528j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043537j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043542j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043546j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043802j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043811j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043823j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043834j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043829j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043843j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043847j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043853j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043900j:plainf:id:motoyukiblue:20160414043908j:plainf:id:motoyukiblue:20160414044725j:plainf:id:motoyukiblue:20160414044735j:plainf:id:motoyukiblue:20160414044755j:plain[f:id:motoyukiblue:20160414044808j:plainf:id:motoyukiblue:20160414044941j:plainf:id:motoyukiblue:20160414044955j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045043j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045053j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045107j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045140j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045148j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045202j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045224j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045235j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045245j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045256j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045322j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045414j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045425j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045431j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045447j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045515j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045526j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045533j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045542j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045551j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045600j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045618j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045628j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045720j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045729j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045803j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045813j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045821j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045831j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045841j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045852j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045859j:plainf:id:motoyukiblue:20160414045942j:plainf:id:motoyukiblue:20160414050009j:plainf:id:motoyukiblue:20160414050022j:plainf:id:motoyukiblue:20160414050035j:plainf:id:motoyukiblue:20160414050056j:plainf:id:motoyukiblue:20160414050124j:plainf:id:motoyukiblue:20160414050131j:plainf:id:motoyukiblue:20160414050139j:plainf:id:motoyukiblue:20160414050145j:plainf:id:motoyukiblue:20160414050155j:plainf:id:motoyukiblue:20160414050223j:plainf:id:motoyukiblue:20160414050232j:plainf:id:motoyukiblue:20160414050237j:plainf:id:motoyukiblue:20160414050253j:plainf:id:motoyukiblue:20160414050301j:plainf:id:motoyukiblue:20160414050312j:plainf:id:motoyukiblue:20160414050317j:plainf:id:motoyukiblue:20160414050324j:plainf:id:motoyukiblue:20160414050331j:plainf:id:motoyukiblue:20160414050337j:plainf:id:motoyukiblue:20160414050345j:plainf:id:motoyukiblue:20160414050402j:plainf:id:motoyukiblue:20160414050413j:plainf:id:motoyukiblue:20160414050432p:plain

PHOTO INFINITY TOKYO 開催  hpgrp ギャラリー 4/29-5/28

PHOTO INFINITY TOKYO が開催します。

次回写真展が決まりました。
場所は青山にあるファッションブランド アッシュペーのギャラリー hpgrp ギャラリーです。

小林幹幸も、最新作を出しています。

タイトルはSPRKLE !

乞うご期待。

f:id:motoyukiblue:20160408012338j:plain

ベトナムスクールガールワークショップ概要発表。

ベトナムスクールガール来日記念写真展についての告知です。
来る3月12日(土曜日)と3月13日(日曜日)にベトナムのスクールガールたちが来日します。

そこで2日間、国際交流のワークショップを開催いたします。
12日、13日とありますが、通しでないといけないとかありませんので気軽に参加していただけたら嬉しいです。

参加費は15,000円です。現地精算です。
食事は各自お弁当、パンなど持ち込むようにしてください。


申し込みはメールで、info@eg5artists.com 担当  竹内まで。



撮影テーマは

言葉が通じなくても良い写真を撮るには。
一期一会の写真、このふたつのテーマで撮影していきます。

ナビゲーターは玄光社 フォトテクニックデジタル 編集長の藤井貴城さんです。

フォトテクの読者さんにはもちろん、そうでない方もポートレートを知り尽くした編集者ですので
この機会に、藤井さんにアドバイスをもらうのも絶好のチャンスかもしれません。




モデルは、
ベトナムで子役から女優さんとして活躍しているハーアインさん(通称 女王)
f:id:motoyukiblue:20160304191643p:plain
ボランティア活動もしている写真少女 オアインさん。
f:id:motoyukiblue:20160304191747j:plain
自撮りが得意なジョリーハンさん。
f:id:motoyukiblue:20160304191907p:plain
以下スケジュールになります。

場所が日にちによって違うのでお間違いのないようにお願いいたします。


12日 土曜日 
9時30分に中野アートコート玄関に集合
f:id:motoyukiblue:20160304193029p:plain



自己紹介、写真講義。
10時半より参加者撮影タイム。
12時、ベトナムスクールガールを交えての懇親会。作品放談。
13時終了。













13日 日曜日
9時30分に池袋 みらい館 大明 玄関に集合
f:id:motoyukiblue:20160304193039p:plain


10時30分より小林幹幸が講義と合わせて公開撮影をします。(某、週刊誌に掲載されます)
11時より参加者 撮影タイム 
12時30分 懇親会。
13時 終了。



申し込みはメールで、info@eg5artists.com 担当  竹内まで。

12月13日 青春写真ワークショップ 概要発表

青春写真ワークショップ ご参加のみなさん


f:id:motoyukiblue:20151211193430p:plain


12月13日のワークショップ概要を連絡致します。


第一部 写真集カフェ 
福川さんと写真集を語ろう。
コバヤシも秘蔵の写真集をたくさん持ち込む予定です。

第二部 フォトストーリーを作ろう
テーマ ”少女性” 高校一年生のモデルさん2名で池袋周辺の路地と、スタジオライティングで撮影します。



集合時間 10時
参加費用 10000円。
場所 池袋 アガイスタジオ
豊島区池袋2-23-16
アガイビル地下1階
03-5954-7577
https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=zO9n7KqPWh5w.kRuslkrLh6QI&hl=en_US

重要事項
お弁当は、各自事前に用意して持ち込んでください。
スタジオ周辺にもコンビニやほっともっと、オリジン弁当など点在しています。





もちもの、
ノート、鉛筆。
福川さんとコバヤシに解説して欲しい好きな写真集、数冊,もてるだけ。
カメラ。できればデジイチ(ストロボに対応できるので)
ストロボで、こんなことがやってみたいというライティングがあればデータなどお持ちください。





タイムテーブル

10時集合
10時30分まで自己紹介、プログラム説明
11時よりブリッツギャラリー福川さんが来場。
トークショー&写真集を語る会。
テーマ、”写真集の楽しみ”by 福川芳郎さん
”写真集との出会いと撮影への応用”by 小林幹幸
植田正治の写真集を語る”by赤山シュウ
13時 ランチタイム
13時30分からモデルさん入り。華凛、香坂天音(ソレイユ)
グループに分かれて池袋周辺の路地での撮影。
15時より、スタジオライティング撮影。
アガイのライト専門スタッフとコバヤシ、赤山のフォトストーリーのライティング。
17時30分 終了

18時、赤山シュウを囲む会 2次会場所(大金星)に移動。(自由参加、会費別途4000円)
21時終了予定。


モデルさん紹介 
華凛さん   http://soleil-2014.jp/member.html、(ソレイユ)

f:id:motoyukiblue:20151211192353p:plain


香坂天音さん   http://soleil-2014.jp/member.html(ソレイユ)

f:id:motoyukiblue:20151211192350p:plain


特別講師 福川芳郎 
ブリッツギャラリーオーナー。
昨年写真集の紹介本”アート写真集ベストセレクション”を玄光社より出版。

f:id:motoyukiblue:20151128010855j:plain
ゲスト 赤山シュウ  山陰で活躍する写真家。
植田カメラに勤務当時、植田正治先生の教えを受ける。

ヘルプ
おかりな  写真学校生。
第一回のワークショップではモデルも頼まれるなど人気上昇中。

赤山ケイン 赤山シュウさんの息子さん。ヘルプからモデルまでをこなす。

竹内ひろむ  愛称 パンチ アシスタント歴数カ月だがスタジオ2年を始め経験豊富。


以上のスタッフがみなさまをサポートいたします。



 

12/13 青春写真塾 写真集カフェ vol,1 in 池袋ブロンスタジオ

ワークショップ

久々の更新になりました。

今回は12月に行います第2回、青春写真ワークショップ 写真集カフェ の詳細を報告させていただきます。

主催 小林幹幸
ゲスト 福川芳郎(ブリッツギャラリー) 、赤山シュウ
アシスタント 竹内ひろむ  おかりな 

今回は”写真集カフェと題して、写真家のバイブルとも言える写真集をブリッツギャラリーオーナー福川芳郎さんとともに読み解いていきます。福川さんは玄光社より”アート写真集ベストセレクション101”を出版しており、写真集を読み解くプロとも言えると思います。

前回もおなじみの赤山シュウさんは今回も山陰から駆けつけてくれます。
植田正治さんの家が経営するカメラ店、植田カメラに勤務されていた経験がある赤山シュウさんは植田先生の写真を撮るところを実際にご一緒されていた方です。


ご自身が好きな写真集5冊までお持ち下さい。(日本の写真集でも結構ですが、福川さんは海外の写真集に強いので、国際的な写真の読み方を感じるチャンスだと思います。)
それを写真集の専門家 福川さんが読み解き、コバヤシお勧めの写真集の紹介と、自身が写真に引き込まれた青春の写真集を紹介したり、ゲストの赤山シュウさんが植田正治先生の写真のエピソードなどを語ります。

モデルさんも揃え、ブロンストロボなどのライティングレクチャー、スタジオ実習もあります。
モデルさんが決まりましたらまたTWITTER上で発表いたします。




場所は池袋ブロンスタジオ、アガイ商事さんのスタジオになります。
11時集合 18時まで。(お昼は各自近くのコンビニなどでお弁当持参でお願いいたします。)


参加費は10000円になります。

また、みなさんのみずみずしい感性に出会えることを楽しみにしております。





ブロンスタジオ  

アガイ商事株式会社 
〒171-0014
東京都豊島区池袋2-23-16 アガイビル3F
TEL.03-5954-7577
E-mail:info@agai-jp.com


f:id:motoyukiblue:20151128010855j:plain

f:id:motoyukiblue:20151128011123p:plain

f:id:motoyukiblue:20151128012846j:plain